BLOG

2018【年末調整】源泉控除対象配偶者とは??

Pocket

2018【年末調整】源泉控除対象配偶者とは??

こんにちは、ココです(@coco_shufu)。

 
 
年末調整の仕方がややこしくなりましたね。
毎年仕事としてやってはいるのですが、新しい事となると私も混乱する所があります。
 
 
 
 

1.源泉控除対象配偶者とは?

 

1-1. 本人の年収1,120万円以下、配偶者の年収150万円以下の場合の配偶者

「源泉控除対象配偶者」とは、
 
本人の合計所得金額:900万円以下
配偶者の合計所得金額:85万円以下
配偶者は本人と生計を一にしていること
の条件を満たす場合の配偶者のことです。
 
でも、「所得」と言われてもわかりにくい思いますので、「年収(収入)」で説明すると、
 
本人:年収1,120万円以下
配偶者:年収150万円以下
の場合の配偶者が該当します。
 
源泉控除対象配偶者
 
平成30年分 扶養控除申告書の区分の中に「源泉控除対象配偶者」の欄があります。
 
 
 
 
 

1-2.源泉徴収の計算で利用(配偶者控除・配偶者特別控除)

「源泉控除対象配偶者」に該当するのは、配偶者控除または配偶者特別控除により38万円の所得控除を受けることができます。
 
いわゆる、この場合は「扶養」に該当します。
 
毎月の給料から天引きされる所得税を計算する際に、その人の扶養親族等が「1人」いるものとして計算します。
 
扶養親族等が「0人」の場合よりも少なく所得税が計算されます。
 
 
 
 
 
 

2.同一生計配偶者とは?

 

2-1. 年収103万円以下の配偶者

 

 

「同一生計配偶者」とは、
 
本人の所得:制限なし
配偶者の合計所得金額:38万円以下
配偶者は本人と生計を一にしていること
の条件を満たす場合の配偶者のことです。
 
分かりやすく言うと、夫婦ともに「給料のみ」をもらっているとして、
 
本人:年収に制限なし
配偶者:年収103万円以下
の場合の配偶者が該当します。
 
同一生計配偶者
 
※こちらは平成29年までは「控除対象配偶者」と呼ばれていましたが、平成30年分からは全く同じ条件で「同一生計配偶者」という名前に変わりましたので注意深く見てくださいね。
 
 
 

2-2. 源泉徴収・年末調整・確定申告の計算で利用(障害者控除)

障害者控除は、本人と生計を一にする所得38万円以下(給料だけなら年収103万円以下)の人が対象となります。
 
平成30年分 扶養控除申告書の中で、「同一生計配偶者」について記載する欄があります。
 
それが障害者控除の欄です。
 
障害者控除
 
毎月の給料から天引きされる所得税を計算する際に、その人の扶養親族等がさらに「1人」いるものとして加算して計算します。
 
あからじめ障害者控除の影響を考慮して「0人」の場合よりも少なく所得税を計算するためです。
 
また、障害者で「同一生計配偶者」に該当する場合には、年末調整や確定申告でも障害者控除の対象として控除されます。
 
 
 
 
 
 
 

3.控除対象配偶者とは?

 

3-1. 本人の年収1,220万円以下、配偶者の年収103万円以下

「控除対象配偶者」とは、
 
本人の合計所得金額:1,000万円以下
配偶者の合計所得金額:38万円以下
配偶者は本人と生計を一にしていること
の条件を満たす場合の配偶者のことです。
 
「配偶者控除」の対象になります。
 
分かりやすく言うと、夫婦ともに「給料のみ」をもらっているとして、
 
本人:年収1,220万円以下
配偶者:年収103万円以下
の場合の配偶者が該当します。
 
控除対象配偶者
 
 
 

3-2. 年末調整・確定申告の計算で利用(配偶者控除)

平成29年分までは配偶者控除に「本人の年収制限」はありませんでした。
 
しかし平成30年分以降は「本人の年収制限」が設けられました。
 
本人の年収が1,220万円以下であることが「配偶者控除」の対象者の条件となります。
 
<配偶者控除の控除額>
 
本人の給料年収 控除額(一般)控除額(老年※)
 
 
1,120万円以下 38万円 48万円
1,170万円以下 26万円 32万円
1,220万円以下 13万円 16万円
※配偶者が70歳以上の場合
 
~引用~ No.1191 配偶者控除|国税庁
 
本人の年収が1,220万円を超えると、配偶者控除の対象外になります。
 
ここを今年から間違えないようにしましょう。
 
 
 
 
 

4.配偶者特別控除の対象となる配偶者

 

上記3つの配偶者の他に、特に用語はありませんが「配偶者特別控除の対象となる配偶者」もいます。
 
本人の合計所得金額:1,000万円以下
配偶者の合計所得金額:38万円超123万円以下
配偶者は本人と生計を一にしていること
の条件を満たす場合の配偶者のことです。
 
夫婦ともに「給料のみ」をもらっているとして、
 
本人:年収1,220万円以下
配偶者:年収103万円超201万6,000円未満
の場合の配偶者が該当します。
 
 
用紙も扶養・保険&配特だったものが今年からは3枚になるので慣れるまでに時間がかかりますよね。
 
 
ランキング登録しました(*^_^*)宜しければ応援お願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

主婦・お小遣い稼ぎランキング